質問1 練習時間が思うように取れなくて・・できなくて申し訳ない・・

正直こういう風におっしゃられる方が本当に多いです!!

「長時間の練習より、短時間で質の高い練習」を心掛けましょう

疲れている時に練習しても意味がありません。そんな時には思い切って

休む勇気も必要です 

次に大事なことは「練習するときにひとつでも目標を持って挑むこと」


●スケールひとつ思える
●アドリブのパターンひとつだけでも練習する
●曲をひと通り弾いてみる
●弾く時間がどうしてもとれないときには
焦点を絞ってリスニング

できることひとつだけでもいいんです。10分でも15分でも・・・
目標をもって集中して下さい

どうしても楽器にさわれない・・・大丈夫!!
なぜならレッスンは曲をきちんと弾くことだけを目標としていないからです
それとレッスンの進み具合はひとそれぞれです 決してあせらないことです

 

質問2 楽譜が読めない、苦手・・・

楽譜がきちんと読めることができるのはもちろん大切なこと でも、音楽は目に見えません(当たり前ですが)
音楽を伝える媒体のひとつとして「楽譜」があるのです 現役のプロの方でも譜面が読めない方はけっこういらっしゃるんです かの有名な美空ひばりさんは全く譜面が読めなかったそうです 他にも楽譜が読めなくてもプロの世界でご活躍されている方はたくさんいらっしゃいます 読めることは大切だけれどもすべてではないんです 

だからなにも心配することはないのです


質問3 レッスンの日にち、時間を変更したいのですが・・・

基本前日までにご連絡いただければ対応いたします できるだけご希望に沿うように変更をお受けいたします
当日の連絡がないレッスンのキャンセルは1回のレッスンとしてカウントさせていただきます

 ただし以下の場合は例外です


●インフルエンザなどの法定伝染病
●大雨、台風など気象条件が悪い
●不可抗力による交通渋滞(事故など)
●地震などの災害によるもの
●公共交通機関の乱れや遅れ


※講師自身の都合でキャンセルした場合もこれに含みます