<レッスン内容・教材について>

当教室は「音楽を楽しむための術」をお伝えする教室です

 

   ひとりひとりのやりたいこと、個性を大切に、完全オーダーメイドのレッスンです。

最初は「楽しく弾ける」から始めます。
楽しくピアノが弾けたら次のステップにすすみます。


それは「自分なりの表現ができるように」なること

 

・音を確実に覚えるための譜読み

・音の動き方やニュアンスを聞き取る耳コピ、

・コード、

・スケール

・伴奏スタイル・

・技術的取得のためのテクニック練習(主にハノンを使います)

・アドリブの方法

・他の楽器とのアンサンブルの方法

・キーボードなど電子楽器の使い方  など

理論的なことや実際に楽器にふれながらなど。レッスンメニューは生徒さんによって異なります。

♪レッスンメニュー範例♪

 

「全く初めてで譜読みも苦手です」      →    コードを基本形を手グセで覚える(左手)

 (60代大人の方)                 よくご存知の曲で譜面を使わずに耳コピや手グセで(右手)

                              運指をスムーズにするためのテクニック、

                              譜読みの必要性と覚えるためのコツ など

 

「どうしても「ルパン三世」を弾けるようになりたい」→ 講師の模範演奏のマネ、動画で手グセの確認、

   (小学3年生 Aくん)                   耳コピのしかた

                                リズム読み、16分音符の説明、

                                コードの基本形、転回系の説明

                                運指をスムーズにするためのテクニック

                                アドリブのしかた など

 

「エリーゼのためにが弾けるようになりたい → 譜読み、運指をスムーズにするためのテクニック、

   (小学3年生 Mちゃん)             楽典 など

   

 

「好きなアーティストの曲をカッコよく弾きたい」 → 動画等からの耳コピのしかた 

   (高校1年生 S君)                 コード、伴奏スタイルの知識

                             運指をスムーズにするためのテクニック

                             リズム練習    

                           

        ♪お子さまのレッスンもお受けしています♪

※4才以上のお子さんに限定させていただきます。

※リトミック、プレピアノには対応しておりません。

※当教室は「音楽を楽しむための術をお伝えする教室」です。クラッシック専攻、音楽大学受験、

 グレード、コンクール受講希望の方のご入会はお断りしております。ご了承下さい。

      まずは音楽が楽しい!曲が弾ける楽しさ、喜び、達成感を優先しています

私の教室では譜読みはあまり重要視していません。なぜならできなくても演奏できるし、音楽は楽しめます。

ただし、ピアノに代表される鍵盤弾きは周囲からは「読めてあたりまえ」のように思われがち。

小学校の合唱の伴奏やアンサンブル、音楽の授業では必須ですよね。

 

譜読みができる最大メリットは「音の情報を目で見て確かめることができる」こと。

 

譜読みは「字を覚える」のと同じ。いきなりできるようにはなりません。

譜読みができるようになるため、当教室オリジナルの教材を使って3つのコツをアドバイスします。

あとは実際の譜面を使っての実践、数をこなして慣れていく。この繰り返しです。

 

 小さいお子さまでも飽きずに楽しく覚えられるように

  耳慣れている、よく知られている既成曲を

  使っていきます

 

・しってるきょくでどんどんひけるよ 

 「ぴあのひけるよ!」ジュニア1~3

・すてきなきょくでたのしくひける 

 「ぴあのひけるよ!」シニア1~3

・ワークブック1~3

・シニアワークブック1~3

・お子さまのレッスンでは「ぴあのひけるよ!」シリーズを使い、クラシック、ポピュラーの比較的

 耳になじみのある曲を使ってレッスンをしています。

・譜読み教材はソナチネあたりまで(「ぴあのひけるよ!」3まで)必須教材として使用します。

・譜読み教材以外のレパートリー曲はジャンル問わず自由に選んでいただけます。